ダイエットの神はいつ降りるか?

ダイエット番組の特集で「ダイエットの神が降りてきたー」などというのがあります。人から太っているなどと何度も言われたことでダイエットを開始する人もいると思いますが、ダイエットを成功させるには自分に厳しく決意を固めてから行いましょう。

ダイエット成功のため決意を固める女性
ダイエット成功のため決意を固める女性

ダイエットの神が降りて来たら決意を決める

ダイエットの神様

ダイエットは本気の意志がないと成功しません。
ダイエットの神が降りたて来たら決意を決めることが大切なのです。
そのタイミングは人によって異なるでしょうが、一つ言えるのは痩せないと困ると強く感じたときです。
痩せるのは簡単なことではありませんが、それ以上に痩せる必要性を感じればダイエットするしかなくなります。
逆にいえばダイエットに失敗してしまう方は、痩せる必要性をそれほど感じていないのかもしれません。
本気で痩せると決意したら、具体的にスケジュールを設定する必要があります。
漠然と痩せようと思っても、何をすればいいのかわからないでしょう。
とりあえず食事制限と運動で痩せる方は多いですが、肥満の原因は別のところにあるケースも多いです。
原因を特定するためには、医療機関で検査を受けるのが確実です。
原因を知っておけば、具体的なダイエット方法も見えてきます。
意外と指摘されやすいポイントは代謝の低下、冷え性などです。
代謝が低いと脂肪が燃えないので、食事制限をしてもあまり痩せません。
言うなればカロリーの吸収率が高いので、燃焼率を高めて対抗していく必要があります。
冷え性が肥満を招く理由も代謝不良によるものです。
人間の身体は冷えた部位から太っていく仕組みがあります。
太りたくない方ほど、身体の内部から温めていくケアが必要になるのです。
ダイエットはダラダラと実行しても効果が得られません。
無理をする方法も失敗しますが、やると決めたことは実行しましょう。
期間を設定しておけば、無理なく頑張ることができます。
あまり長期を設定するとやる気が継続しないので、3ヶ月を期限にして痩せるとよいでしょう。
痩せることで身体への負担が減って、運動による減量も併用できるようになります。

失敗しないダイエット方法を自分で決める

自分に合ったダイエット方法を実行する男女

ダイエット方法は人から言われたことをやるのではなく自分でしっかりと決めることで、それは成功するダイエット方法になります。
その理由は自分自身を知っているのは誰よりも自分自身だからです。
ダイエットというのは人それぞれで条件が異なります。男性か女性かでも違いますし、年齢でも違いますし、筋肉量や運動をするかしないかでもです。
それぞれに合ったやり方というのがあり、テレビでやっているから、誰かがこの方法で10kg痩せたからといった情報は自分にとっては何の役にも立たない情報です。
これらに惑わされてダイエット商品を通販で買ってみたけれど続かないというのはむしろ当然です。そんな簡単にダイエットというのは成功しないからです。
本当に痩せたいと思う人は、ダイエット方法やダイエット器具を選ぶことは何よりも後回しです。
まず自分自身の体調や自分自身の食生活、運動量を全て明確にし、そこから改善を考えていくことから始めます。
太っている理由を正すことが一番のダイエット方法であることを知らない人が多いです。
今の食生活のまま痩せたいというのは完全に自分に対しての甘えですし、それを正さないと痩せたとしてもすぐにリバウンドをしてしまいます。
しかしあまりにも決意を固めすぎて普段運動をしていない人が突然ランニングを行ったりするのは逆効果です。
何事にも順序というのがあり、運動は最初は低負荷の運動からスタートするのが常識です。そうでないとすぐに身体のどこかが故障してしまうためです。
特に運動を普段していない人はストレッチを軽視する人が多いのですがストレッチをして身体を温めることはとても重要です。継続し成功させるには何事も無理なく続けることです。

ダイエットで一番失敗しがちなこととは

食欲を我慢しストレスを感じる女性

食生活や生活習慣の変化により、最近では老若男女問わずダイエットを行う人が多くなっています。
痩せると強い決意を持って始めても成功する人ばかりではありません。失敗してしまう人も数多くいます。
また一度目標を達成してもすぐリバウンドしてしまう人もいるのではないでしょうか、
このようにダイエットに失敗してしまう一番の原因は一体どんなものでしょう。
ダイエットを経験した人ならその辛さは分かりますよね。そう、一番の原因は食欲を我慢することです。
また体重を1キロ落とすには7000kcal消費する必要があります。
運動だけでこれだけ消費するのはかなり困難なので、日々の食事の調整は必須です。
ただダイエットを失敗しがちな人は、すぐに成果を求めがちな人が多いのです。
この1キロ減を数日から1週間で達成しようと極端な食事制限をしてしまうため、余計に食べ物に対しての執着が増してしまいます。
そして数キロ落とした時点で満足したり、体重の減少が止まる停滞期に我慢していた食欲が爆発しリバウンドしてしまう結果になります。
ここで問題なのは短期間で結果を出そうとしないこと。
食欲を我慢しすぎてストレスになることも失敗の大きな理由となってしまいます。
数か月~半年のスパンで目標体重を定め、無理のない方法でダイエットしましょう。
人間は体重の10%以上減少すると、体が少しの栄養からでも脂肪を溜めこもうとします。
これが停滞期に当たるので、標準体重~少しオーバー程度の人であれば1ヶ月2~3キロ程度を目安にすると良いでしょう。
ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を併用することも有効です。
筋肉をつけ脂肪の燃えやすい体にすると、体重も落ちやすくなります。
食事内容もたんぱく質やビタミン・ミネラルは充分に摂り、炭水化物を控えめにするようにすると健康的にダイエットできます。

■ダイエットのために薬も使ってみましょう
ゼニカルの効果とは